『カンナさーん!』2017夏ドラマ 感想と視聴率

渡辺直美さん主演の『カンナさーん!』の感想、ネタバレなどについて書いています。

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第6話  感想 あらすじ

スポンサーリンク

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第6話 予告 感想 あらすじ
フジテレビ 8月16日火曜日22時放送

 

f:id:max2111:20160811220310j:plain

 

http://www.ktv.jp/on/story/

前回は、心を許していた中島(林遣都)の犯行に立ち会い、
事件の真相を知った比奈子(波瑠)。

中島の犯行であることがにわかには信じられないという感情、
「どうして中島が?」という驚き…。

さまざまな要因により混乱する比奈子のスイッチは
、激しくONとOFFが切り替わっているような状態でした。

比奈子が中島に向けて言った
「あなたのその顔だけは見たくなかった」のひと言も
今までとは違う一面を見せていました。

素顔”と“仮面”が使い分けられないほどに
混乱が生じている比奈子からポロリと出たこの言葉でしょう。

中島が比奈子に贈った言葉、
「あなたの内面がどうであれ、
その手はまだ汚れていない」。

これは今後の展開に
相当影響を及ぼすようです。

まだまだ中島はこのドラマから
縁が切れたわけではないようです。

やはり、中島は証拠不十分で不起訴になり、
施設に入れられることになった。

そこから中島は比奈子に
情報と自分の考えを連絡してくる。

これにより、今回の事件は片付いたのだが・・・

 


予告

中島(林遣都)の逮捕以来、元気がない比奈子(波瑠)を
厚田(渡部篤郎)や倉島(要潤)は心配するが、
東海林(横山裕)だけは比奈子の落ち込んだ表情を
「うそくさい」と言い、どこか警戒している様子。

そんななか、公園で他殺体が発見されたと通報が入る。
見つかった遺体の口には大量の100円硬貨が詰め込まれ、
解剖の結果、特殊な器具を使って、胃に到達するほどの量を
無理やり流し込まれたことが分かる。

また、遺体の指紋が焼かれ、所持品もなかったことから、
厚田は身元の洗い出しと目撃情報の収集を指示。
自らも比奈子と一緒に聞き込みへ向かう。

すると、街中で転んで怪我をした老人・
稲富信吾(浜田晃)に出くわした2人。

稲富を家まで送り届けると、そこは身寄りのない老人たちが
共同生活を送るシェアハウスだった。

捜査が進展しないまま数日が経ち、
再び口から大量の100円硬貨を流し込まれた遺体が発見される。

一方、比奈子は妙子(原田美枝子)から、
中島が『精神・神経研究センター』という施設に入所したことを聞く。

表向きには人体に関する研究施設だが、
実際には罪を犯した天才科学者や猟奇犯罪者の隔離矯正施設だという。

その頃、捜査に行き詰まり、いつものように
情報屋の藤川(不破万作)と接触した東海林だったが……。